空き家を活用するには?

空き家を活用するには?

 

 

空き家バンクに登録する

 

管理できなくなった空き家、そのままにしておいても良いことはありませんし、
なんとか活用したいところです。

 

その方法の1つが自治体が運営している「空き家バンク」の利用です。

 

空き家バンクとは所有している空き家を登録することで、
その空き家を欲しい人」「その空き家に済みたい人」を探すことが可能です。

 

不動産業者の場合は仲介料が発生しますが、
営利目的ではない空き家バンクは費用がかかりません

 

つまり無料で空き家の引き取り先を探せるのです。

 

空き家バンクを利用する基本的な流れは、
まず空き家の所有者が物件を空き家バンクに登録します。

 

すると自治体、もしくは自治体から委託を受けた団体などが、
その空き家を利用希望者に紹介してくれます。

 

所有者として空き家を売却でき、
利用希望者は理想の物件を探しやすいとお互いにメリットがある制度です。

 

注意したいのは利用希望者が見つかった場合、
その後の交渉や契約については自治体は一切関知しないことです。

 

自治体はあくまでも所有者と利用希望者のマッチングをするだけで、
その後のことについては何もしてくれません。

 

非常に便利な制度ですが交渉や契約を自分でするのはとても大変で、
自治体によっては交渉と契約のために不動産業者を紹介してくれる場合もあります。

 

紹介された不動産業者を利用するかは自由ですが、いずれにしても、
不動産業者が間に入ってくれないとスムーズな交渉と契約は難しいでしょう。

 

自分で不動産業者を探してお願いする方法でもかまいません。

 

空き家バンクという制度はまだまだ知名度も低く、
利用率はそれほど高くないのが現状
です。

 

ただ、費用をかけずに利用できるのは、
空き家の所有者にとって大きな魅力かもしれません。

 

空き家バンク利用にあたっての詳細は各自治体で細かく違っているので、
自治体のホームページなどで調べておきましょう。

 

もちろん不動産業者にお願いしてもいいのですが空き家バンクという選択肢もある、
これを覚えておくといざという時に助かるかもしれません。

 

 

空き家を更地にして駐車場経営

 

空き家の活用方法の1つに土地を更地にして駐車場にする方法があります。

 

空き家をそのままにしておいても利益を出すことはできませんが、
駐車場経営なら利益を出すことも可能です。

 

駐車場にするためにはまず空き家を撤去して更地にしないといけません。

 

空き家の解体に関しては自治体によって補助金が出るところもあるので、
こうした制度も活用しながら解体を進めていきましょう。

 

更地になれば後は駐車場に必要な設備を設置して経営のスタートです。

 

駐車場経営は土地さえあれば比較的少な費用で始められるのもメリットで、
その費用もやり方によって最小限に抑えられます。

 

たとえば更地のまま特に手を加えずに契約した人が使える駐車場にすれば、
整備費用などはほとんどかかりません。

 

また、管理人が常駐する建物を建てたり、
無人のコインパーキングにすることも可能です。

 

どういうスタイルにするかは人それぞれですがとにかく色々な形で始められます。

 

万が一経営がうまくいかなくても初期費用が少ないので損害も少なく、
ダメならやめるくらいの気持ちで駐車場にする方もいます。

 

駐車場経営で注意したいのはニーズがあるかどうかです。

 

極端な話ですが周囲に車を利用する人が全くいなければ、
駐車場があっても意味がありません。

 

逆に多くの人が車を利用し駐車場が不足しているような環境なら、
大きな利益を見込めます。

 

手軽に始められるとはいえある種の商売ですからニーズがあるかどうか、
つまり需要と供給の関係は非常に重要です。

 

もし土地を駐車場にする考えがあるならまずは、
駐車場が本当に必要かどうかも考えておきましょう。

 

また、自分で経営するのが難しい、上手くいくか不安だという場合は、
企業に委託する方法もあります。

 

一般的には地主が設備を購入するか土地を企業に貸し出す形で、
どちらの場合でも具体的な駐車場経営は企業がやってくれます。

 

ノウハウを持った企業が経営を代わりにしてくれますから安心感があり、
失敗も少なくなるでしょう。

 

素人がいきなり始めるよりは成功率も高くなるのでおススメの方法です。

 

空き家の問題も解決でき、しかも利益も出せるかもしれない駐車場経営は、
空き家とその土地の活用方法としてとても優れています。

 

土地の売却とは違う選択肢として検討してもいいのではないでしょうか。

 

 

空き家を賃貸にする

 

空き家の使い道に困った時は賃貸物件として利用する方法があります。

 

誰も住んでいない空き家の状態だと家の状態はどんどん悪くなっていきますし、
空き家対策特別措置法によって特定空き家に指定されてしまう可能性もあります。

 

特定空き家になると固定資産税の優遇措置が受けられなくなりますし、
最悪の場合は強制撤去もあり得るので賃貸物件として活用した方が利益も出て、
空き家にもならず一石二鳥なのです。

 

空き家を賃貸物件にするには考えるべきことがいくつかあります

 

たとえばリフォームするかどうか、これも考える必要があるでしょう。

 

空き家の状態が良いなら問題ありませんが、
老朽化しているならリフォームしないと入居希望者が現れないかもしれません。

 

また、どうやってその物件を宣伝するかも考えましょう。

 

その後の入居希望者との交渉や契約まで考えると自分ではなかなか難しい作業になりますが、
もし自分では無理だと感じたら不動産仲介業者にお願いする方法もあります。

 

不動産仲介業者にお願いすればその物件をお客に紹介してくれますので、
スムーズに入居希望者を見つけられますし、面倒で大変な交渉や契約も任せられます。

 

不動産経営の経験があるなら別ですが、
そうでないなら不動産仲介業者にお願いするのが現実的な対応でしょう。

 

賃貸物件にする場合、いくらで貸すのかも重要なポイントです。

 

しっかり利益を出したいならそれなりの額にする必要がありますが、
「空き家を有効活用したい」「老朽化を防ぎたい」
という目的なら格安料金で貸し出すのも良い方法です。

 

とにかく人に使ってもらって空き家にしないことを優先する形です。

 

一言で賃貸物件と言っても色々な考え方があるので不動産仲介業者ともよく話し合って、
どういう方向性で扱うのかを決めておくといいでしょう。

 

空き家対策として考えるなら後者の格安で貸し出すという方法がおススメでしょう。

 

金額が高すぎて入居希望者がなかなか見つからない、
こんな事態だけは避けるべきです。

 

空き家の所有者は責任ある立場として空き家問題の解決を図らないといけません。

 

解決の方法は賃貸を含めていくつかありますので最適な方法を選べるようにし、
管理できない空き家がそのまま放置されることを防ぎましょう。